福島市の浄楽園は美しい日本庭園、吾妻小富士の借景が美しい池泉回遊式庭園です!

浄楽園 散策
[広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

浄楽園は、福島市の郊外にある2.5万平方メートルという広さを誇る日本庭園で、そのキャッチフレーズは「東の花見山、西の浄楽園」です。

作庭は長らく京都の金閣寺庭園の庭園管理に携わり、文化財庭園保存技術者協議会の代表を務める「平安林泉」の玉根徳四郎さんが手掛けました。昭和58年に開園されたこの庭園は、吾妻連峰の四季を背景にした純日本庭園で、心の安らぎを求める方に最適です。

浄楽園は、吾妻小富士の借景が美しい池泉回遊式庭園です。広大な敷地には日本三大五葉松の「吾妻五葉松」などが植栽されており、季節ごとに異なる美しい景色を楽しむことができます。
浄楽園

春には薄紅色のしだれ桜が咲き、初夏にはアヤメや菖蒲、秋には紅葉が彩ります。カモも泳いでいました。
また、冬季(12月から3月)は休園となりますので、開園日は公式サイトで確認してください。
>>浄楽園周辺地図の【たびノート】

ぜひ訪れて、美しい景色と静寂なひとときを楽しんでください!
臥龍梅 220年
臥龍梅

福島市の浄楽園は、美しい日本庭園で知られています。
ここでは、四季折々の風景を楽しむことができます。

所在地: 福島県福島市桜本字荒神38
開園期間: 3月30日から11月30日まで(無休)
開園時間: 9:00~17:00
入場料:
大人: 500円
子供および障害者: 250円

ぜひ訪れて、美しい景色と静寂なひとときを楽しんでください!は四季折々の美しい景色を楽しむことができる日本庭園です。
福島三桜 春にはとてもキレイな枝垂れ桜です。
枝垂れ桜

特別なイベントや季節ごとの見どころ

1.春(4月上旬)
サクラ: 満開の桜が園内を彩ります。入口のしだれ桜から奥の桜まで、美しい花びらが舞う静かな浄楽園で心やすらぐひとときを過ごしましょう
2.初夏(5月)
シャクナゲ、アヤメ
色鮮やかなシャクナゲやアヤメが咲き誇ります。緑の映える季節に訪れると、庭園が一層美しく感じられることでしょう。
3.夏(6月)
花菖蒲、睡蓮
花菖蒲や睡蓮が池に咲く頃です。水面に浮かぶ花々が涼やかな雰囲気を醸し出します。
4.秋(10月)
紅葉
庭園が紅葉に彩られ、美しい景色が広がります。吾妻連峰の四季を背景に、秋の風情を楽しんでください。

浄楽園は、各季節に異なる顔を見せてくれる素晴らしい場所です。ぜひ訪れて、四季折々の景色を楽しんでください!

浄楽園へのアクセス方法

1.バス
JR福島駅西口バスターミナルから、福島交通の「水保・土船行き」バスに乗り、原の町バス停で下車します。その後、徒歩で約10分です。
または、JR福島駅から福島交通の「高湯・上姥堂行き」バスに乗り、中谷地バス停で下車し、徒歩で約15分です。

2.自動車
東北自動車道の福島西ICから約15分で到着します。国道115号線を土湯方面へ進み、フルーツラインを右に入り、進行方向の左側にあります。

浄楽園は美しい日本庭園で、四季折々の景色を楽しむことができます。
ぜひ訪れて、静寂なひとときを過ごしてください。

浄楽園の御朱印

浄楽園御朱印

>>浄楽園周辺地図の【たびノート】


運営者
この記事を書いた人

後期高齢の女性です。神社を巡ったり、花や野菜を育てたりしています。庭にやってくる野鳥やラッピング列車も見かけるとやはりカメラを向けています。元気にあちこち歩きながら楽しみたいと思います。

kumikoをフォローする
散策
高齢者のエンジョイライフ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました